« 時事小噺 | トップページ | ミュンヘンへの道 »

2012年1月 6日 (金)

小寒

snow今日は二十四節気の「小寒」。Photo_5
寒さが最も厳しくなる前とか、寒さが加わる頃という意味で、いわゆる「寒の入り」のこと。
寒中見舞いを出し始めるときでもあります。
小寒後15日で大寒に入り、大寒後15日で、寒が明けます。
小寒から節分までが寒の内と呼ばれています。
寒の内とは一年の内最も気候の寒い季節のことで、暦の上の寒の内が実際には気温の最も低い季節です。
最近、テレビやラジオで天気予報を聴いていると、よく「今日の関東地方は冷え込みます。真冬並みの寒さになります」なんていうコメントが流れます。
天邪鬼な私は、とてもおかしな表現だと思います。
だって、今が真冬なんだから、真冬並みの寒さというのはおかしい。
せめて、真冬の寒さと言うべきだと思います。
そもそも、真冬に真冬並みと言ってはいけないのです。
春先にとても寒い日があったり、秋の冷え込む日に、真冬並みの寒さというのが正しいと思うのです。
12月や1月・2月に、真冬のような(真冬並みの)寒さなんて言うのはないんです。

« 時事小噺 | トップページ | ミュンヘンへの道 »

季節・散歩」カテゴリの記事