« 近江(きんこう)の鷺 | トップページ | 落語DEデート »

2012年1月22日 (日)

客席のマナー

eventあんまり堅いことを言うつもりはありませんが、寄席や落語会に行って時々気になることがあります。

寄席は、飲食も出来ますし、通りすがりの人も入って来るでしょうから、ある程度仕方のない部分もありますが、ホール落語で気になることがあります。
まず、お喋り。
本人たちは小さい声で交わしているつもりでしょうが、かなり気になります。
それから、紙袋やビニールのガサガサする音、バッグのファスナー等も、頻繁に開け閉めされると気になるものです。
そして、携帯の呼出音と補聴器のハウリングの音。
会場は高齢者が多いので仕方がないのでしょうが、何とかならないかなぁと思います。
上の写真は、朝日名人会での私の席からの視界です。
帽子を被ったままの人が二人います。
高座は、前の女性の左側です。
私は、この帽子で視界が遮られることはありませんが、非常に気になります。
実は、私の一列後ろの席でも、帽子を被ったままでいる初老の女性がいました。
後ろのオジサンなどは、大きな帽子ではないからぐらいには思うでしょうが、そういうものでもないと思います。
私も、気が付かないところで、マナー違反をしているかもしれないので、十分注意しないといけませんが・・・。

« 近江(きんこう)の鷺 | トップページ | 落語DEデート »

徒然」カテゴリの記事