« 昭和元禄落語心中 | トップページ | 大寒 »

2012年1月21日 (土)

最近の寄席

clubあの、堀井憲一郎さんが、ツイッターでつぶやいたところによりますと、18日の新宿末廣亭の様子を以下のように仰っています。
Photo 3時過ぎに行くと異様な混雑、もちろん立見。
さらに昼トリの圓歌師匠に向けてどんどん増えに増えて、ついに、堀井さんの前に人が立ちすぎて高座が見えなくなるほどで、仕方なく後方に移動したそうです。
堀井さん、「水曜昼はみんなそんなに暇なのか!」ですって。
昼席が終了でがつりと空いて、夜席はトリ小三治師匠でもで立見2,3人だけ・・・・。
堀井さん、「水曜夜はみんな忙しいのか!」ですって。
最近の寄席は、昼席に比べ夜席の入りがあまり良くなさそうです。
私などは、夜席は混雑するだろうという先入観から、どうしても遠慮・敬遠しがちなのですが、思い切って、夜の新宿や浅草や池袋にも、たまには足を伸ばしてみましょうか・・・。
上野の様子は分かっていますから・・・。

« 昭和元禄落語心中 | トップページ | 大寒 »

寄席・落語会」カテゴリの記事