« 談志師匠の「お別れの会」 | トップページ | アクセス累計推移 »

2011年12月21日 (水)

「の・ようなもの」

movie落語家が主人公の映画「の・ようなもの」の「森田芳光」監督が亡くなったそうです。
享年61歳というのは夭折です。
「家族ゲーム」「失楽園」など数々の話題作を手掛けた映画監督の森田芳光さんが、急性肝不全で死去した。61歳だった。
東京都出身。
日大芸術学部時代から自主映画を撮り、1981年、落語家を主人公にした「の・ようなもの」で劇場映画デビュー。
83年、現代の家族像を皮肉を込めて描いた松田優作さん主演の「家族ゲーム」で、芸術選奨新人賞などを受賞、国内外で高い評価を得た。

「の・ようなもの」っていう映画は観たことはないと思います。
1981年に落語の世界を題材にした、コメディの要素を取り入れた青春群像映画。
物語の舞台は東京の下町。Photo_6
若手落語家(二ツ目)の志ん魚(しんとと・伊藤克信)は、23歳の誕生日記念に初めてソープランドへ行く。
相手を務めたエリザベス(秋吉久美子)は、実はインテリで落語にあまり興味がなかったが、裏表のない性格の志ん魚と何となくデートを重ね相談相手もする奇妙な関係になる。
ある日、女子高校の落語研究会を指導するはめになった志ん魚は、その中の一人・由美(麻生えりか)を好きになる。
エリザベスに相談するものの、どちらの関係も絶ちがたく二股交際を始める志ん魚であった。
由美とのデートの帰り、由美の実家へ立ち寄った志ん魚は両親を紹介され落語を披露する。
しかし、由美の父(芹沢博文)から「なってないねぇ。どうやって生活しているの?」と心配され、古今亭志ん朝や立川談志と比較された挙句、由美からも「下手」と駄目を押される始末。
失意の志ん魚は家を出るが終電は既に無く、堀切駅から浅草へ向けて歩き出す。
深夜の下町を「道中づけ」しながら歩き続け、浅草へ到着したとき夜は明け心配してスクーターで駆けつけた由美が待っていた。
その一方、パッとしなかった志ん魚の一門の先輩・志ん米(尾藤イサオ)が真打ちに昇進することとなり、関係者は沸き立つ。
エリザベスは引っ越して新たな道を歩むこととなり、取り残されたような気持ちになった志ん魚は自分の将来や落語界の未来について真剣に考え始めるのだった……。
・・・なるほど、やはり観ていないようです。

« 談志師匠の「お別れの会」 | トップページ | アクセス累計推移 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事