« 落語ファン倶楽部 Vol.15 | トップページ | 暮れの »

2011年12月25日 (日)

落語はやおき亭

karaoke先週はしくじりましたが、今朝は頑張りました。
   ◇ 時そば       古今亭志ん駒
Photo_3偶然ですが、この噺も、昨日の「大手町落語会」で、瀧川鯉昇師匠がやりました。
寄席演芸も、あの「水戸黄門」と同様に、究極のマンネリを楽しむ部分もあるのですが、中でもこの「時そば」は、最右翼ではないかと思います。
鯉昇師匠は、「時そば」と言いながら、お金の勘定を「何時だい?」ではなくて、「お好みの甘味は?」ですから、もはや「時そば」ではありません。
「そば代」とでも言ってやってもらいたいと思いました。
ましてや、イスラム人とのハーフの蕎麦屋なんて・・・。
面白けりゃあ良いってもんじゃない。
・・噺が脱線しました。
よいしょの志ん駒師匠。
最近は寄席で聴いても、志ん生師匠の思い出や、かつて所属していた自衛隊の手旗信号ばかりですが、声といい、リズムといい、古今亭の芸風たっぷりの噺家さんです。
学生時代にラジオで聴いた、真打昇進直後の志ん駒師匠の「幇間腹」が印象に残っています。
さて「時そば」ですよ。
普通のというか、これぞというか、「時そば」でした。
蕎麦をたぐる音は、ズーッという感じで、ズズーッとかズズズーッではありませんでした。

« 落語ファン倶楽部 Vol.15 | トップページ | 暮れの »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事