« 奇跡の一本松 | トップページ | 歩き稽古 »

2011年12月14日 (水)

元禄15年極月14日

slate1702(元禄15)年極月の14日、赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げました。Photo_4
1701(元禄14)年3月、江戸城松の廊下で播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩が、幕府の礼式を司る高家筆頭の吉良上野介義央に小刀で切りかかるという事件が起こります。
浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられましたが、吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となったのです。
家臣たちは主君の仇を討つ為に綿密に計画を練り、翌年12月14日寅の上刻(現在の暦法では15日午前3時ごろとなりますが、当時は日の出の時間に日附が変わっていたので14日となるようです)、大石内蔵助の率いる47人が、本所の堀部安兵衛宅に集まり、そこから吉良邸へ討ち入ったのです。Photo_6
約2時間の戦いの末、浪士側は一人の死者も出さずに、吉良の首を取ることができました。
世論は武士の本懐を遂げた赤穂浪士たちに味方しましたが、幕府は翌年2月4日、一同切腹という処置をとりました。
これが「赤穂浪士の仇討ち事件」です。
日本人が大好きな歴史上の出来事といえば、源平と戦国時代と幕末と、そしてこの「忠臣蔵」でしょう。Photo_5
「忠臣蔵」というのは浄瑠璃、歌舞伎の「仮名手本忠臣蔵」のことですが、
赤穂浪士の仇討ちを題材にした戯曲・小説類の総称ともいえるでしょう。浅野内匠頭の刃傷は、事件の翌年1702年(元禄15)3月に早くも江戸・山村座の「東山栄華舞台」という小栗判官の芝居に脚色され、事件落着直後の03年2月16日には江戸・中村座で義士討入りを暗示した「曙曽我夜討」を上演し、3日間で中止を命ぜられたそうです。
その後も歌舞伎で数回脚色されたましたが、浄瑠璃で近松門左衛門が、1706年(宝永3)10月の大坂・竹本座に書いた「碁盤太平記」は、足利時代の「太平記」を世界にした構成と高師直(吉良義央)、塩冶判官(浅野内匠頭)、大星由良之助(大石内蔵助)、寺岡平右衛門(寺坂吉右衛門)などの役名を後代に伝え、なかでも竹田出雲・三好松洛・並木千柳)合作の浄瑠璃「仮名手本忠臣蔵」(1748)が大好評を博し、歌舞伎に移されても最高の人気狂言になってからは、これを母体に無数の書替えものが生まれたという訳です。
「忠」というのは、実に日本人の心を打つのでしょう。
落語でも、「四段目」「七段目」「中村仲蔵」「淀五郎」と、切っても切れない縁があります。

« 奇跡の一本松 | トップページ | 歩き稽古 »

季節・散歩」カテゴリの記事