« 現代落語論 | トップページ | 若き日の談志師匠 »

2011年11月24日 (木)

談志が死んだ

pen「談志が死んだ(だんしがしんだ)」という回文の見出しは(生前から)予想していました。
ご本人も「俺が死んだら新聞の見出しは"談志が死んだ"だ」と仰っていたようです。
でも、スポーツ紙4紙の1面で報道されるほどのビッグニュースだとは思っていませんでした。
やはり、天才、風雲児だったのでしょう。
ちょうど日本シリーズも終わり、相撲も盛り上がらずの時期だったこともあるのでしょうが。
「パンダが死んだ!圓生も」」という、とてもタイミングの悪い昭和の名人もいましたから。

« 現代落語論 | トップページ | 若き日の談志師匠 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事