« 小春日和 | トップページ | 次の噺 »

2011年11月14日 (月)

落語の笑い

memo「落語の“笑い”は上級者向け?」なんていう記事を見つけました。
ここ数年、『しゃべれども しゃべれども』『落語娘』など落語を題材にした映画公開が続き、落語は静かなブームともいわれています。
が、いかんせん話が難しそうで、寄席に行く決心がつかない私。
粋に寄席で笑いたい! その楽しみ方を知りたい! ということで、『笑点』でもおなじみの桂歌丸さんが会長を務める、落語芸術協会の事務長さんに泣きついてみました。
私に落語の基礎を叩き込んでください!
「落語は、最後にオチのある噺(はなし)を身ぶり手ぶりだけで進め、一人何役も演じるのが特徴。
笑える噺だけでなく、泣ける人情モノも、怪談もあります。
室町時代末期から安土桃山時代にかけ、戦国大名に仕えて話の相手をしたり、世情を伝えたりする御伽衆(おとぎしゅう)と呼ばれる人たちが、現在の噺家(落語家)の起源。江戸時代には、面白い噺を一般の人々に有料で聞かせる人物が登場し、寄席が誕生しました」
そんな長い歴史があるんですね! 噺の内容は昔と同じですか?
「江戸時代から明治時代までに作られた昔ながらの古典落語と、それ以降に作られた新作落語があり、同じくらいの割合で現在も演じられています。
古典には、なじみのない時代の単語も出てきますが、それを自然に観客に理解させるのが噺家の腕。噺が難しくて楽しめない、なんて心配はありません」
よかった~。
ところで、せっかくだから上手な落語を聴きたいんです。
落語の上手・下手って、どこで決まるの?
「落語は小物をほとんど使わず、座ったまま展開するもの。目線や小さな仕草だけでいかに観客の想像力をかきたてて、自分の世界に引き込むかがカギです。笑いは上手・下手より好みの問題なので、まずは寄席に行くことをオススメしますが、噺家の階級は多少参考になるかも。噺家はまず前座見習いから始まり、前座二ツ目真打の順に上がっていきます。前座より真打の噺の方が味があるのは確かでしょうね」
なるほど、そんな階級があるんですね。
さて、自分好みの落語を見つけるためにも、寄席に行ってみようと思います! 
寄席といえば、和のイメージやっぱり、正式には着物を着ていくのがマナーですか?
「どんな服でもいいですよ。基本的に寄席は年中無休。正午から始まる昼の部と、17時から始まる夜の部があり、入れ替えがないので、一日中落語に浸ることもできます。
チケットも3000円前後で、予約制ではないので気軽に寄ってください」
なぁんだ、そんなにハードルの高い場所じゃないんですね。
ちなみに寄席では、演目中でも飲食自由。
なんと、アルコールOKという場所もあるのだそう。
一応基礎は叩き込んだし、大船に乗ったつもりで聴きに行ってみようっと。
・・・・やはり、落語を知らない人には、寄席の敷居は高いのでしょう・・・。

« 小春日和 | トップページ | 次の噺 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事