« 「仙都に笑いを」から | トップページ | 「お江戸あおば亭」再現 »

2011年11月27日 (日)

落語はやおき亭

scissorsやはり、談志師匠の話題ではなく、たい平さんの故郷である「秩父の夜祭り」の話題から入りました。
落語は、柳家喜多八さんです。
  ◇ 長短     柳家喜多八
最近人気がありますね。
学習院の落研出身で、「柳の宮喜多八殿下」を自称しています。
低くて良い声です。
いつもやる気のなさそうな、ふてくされたような雰囲気で出て来るのがトレードマークですが、噺に乗って来るといいリズムになるんです。
突然大きな声を出したりして・・・。
都内の移動は自転車を使っているそうですから、実は虚弱体質ではなくとても元気なんですね。
宝塚フリークとしても有名で、不思議な噺家さんです。

« 「仙都に笑いを」から | トップページ | 「お江戸あおば亭」再現 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事