« ニュース速報 | トップページ | 立川談志師匠のこと »

2011年11月23日 (水)

立川談志師匠の訃報

shadowニュース速報は誤報ではありませんでした。
産経新聞の記事です。
Photo_2 落語家の立川談志(たてかわ・だんし、本名・松岡克由=まつおか・かつよし)さんが死去したことが23日、分かった。75歳だった。
東京都出身。昭和27年、五代目柳家小さんに入門。
早くから才気を表し、先輩からは“天狗(てんぐ)″と非難されたものの、38年に真打ちとなり、五代目立川談志となる。
以後、日本テレビ系番組「笑点」の大喜利の仕切り役なども務め、毀誉褒貶はあったが、江戸っ子風の威勢のよさと、歯にきぬ着せぬ毒舌でトップクラスの人気落語家になった。
社会的発言を好み、46年には参議院選挙に出馬して当選。
三木武夫内閣で沖縄開発政務次官に就任したが、問題発言によりわずか36日で辞任した。
1期6年の議員活動の後に本業に戻ったが、58年には師の小さんと対立して落語協会を脱会、立川流を創設して家元となるなど、落語界の異端児の健在ぶりを示した。
平成9年に食道がんを告白。
近年は持病の糖尿病などの悪化で療養を続けていた。
著書に「現代落語論」「立川談志独り会」など。

最近は高座から遠ざかっていたのですが、大変驚きました。
これで、「四天王」は全員鬼籍に入ってしまいました・・・。

« ニュース速報 | トップページ | 立川談志師匠のこと »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事