« 義母の命日 | トップページ | 破れ家笑児さん »

2011年11月 3日 (木)

心を鬼にする

shadow唐突ですが、人生の行きがかり上、「心を鬼」にしなければいけない局面があります。
「心を鬼にする」というのは、相手のためを思い、わざと関係ない態度をとること。もっと進んで、(相手のためを思って)意識的に非情な態度をとること。
正面から言(行)ったら、片方立てれば片方立たずになり、収拾がつかなくなることがあります。
そんな時、心を鬼のようにして、自らがあえて「悪者」になる。
もしかすると、それが真実の姿だと誤解され、幻滅され、遂には嫌われてしまうかもしれませんが、義理が重たい男の世界では、じっと涙を飲んで我慢しなければ・・。
なんてことが、時々ある気がします。
これが実につらい。友人を失うこともある。
自分の本音を隠して、非情で冷酷な態度をとる。
それから、「男づく女づくの間柄(男女それぞれに立場があり、惹かれ合いつつも意地や体51lsix7lg2l__sl500_aa240_面を立て通さねば成らぬ関係)」で、相手のために引く時なども、心を鬼にしなければいけないことがあるでしょう。
そういう生き方があっても良いと思うのですが、もう今時古いですかね。
でも、そんな不器用な人間を、いつか演じてみたいなぁと、突然思いました。
昨日ウォークマンで桂小南師匠の「菜刀息子」を聴いて帰ったからでしょうか。

« 義母の命日 | トップページ | 破れ家笑児さん »

徒然」カテゴリの記事