« すみだ郷土文化資料館 | トップページ | 向島・・見番通り »

2011年11月23日 (水)

三囲神社

runさらに北へ進むと、まもなく「三囲(みめぐり)神社」です。

菊田一夫作の落語「水神」では、烏が化けたおこうさんが、ここの境内でモノ売りをしていたはずです。
 
お狐さまの向こう側にスカイツリーが見えます。

よく通っている水戸街道をちょっと入った所に、こんな場所があるんですね。
三囲神社は、現在地より北方に田中稲荷として創建されたと伝えられ、文和年間(1353-1355)近江三井寺の僧源慶が東国遍歴の際に社を改築したといいます。
改築しようとした際、土中より白狐にまたがる老翁の像を得、白狐が現れて神像を三回回ったことから三囲神社と改称したといいます。
三井家(三越などの創業家)が江戸に進出して以来、三井家の守護神として崇敬を集め、三井家先祖をまつる顕名霊社や三井邸から移設した三角石鳥居が境内に安置してあります。

« すみだ郷土文化資料館 | トップページ | 向島・・見番通り »

季節・散歩」カテゴリの記事