« 永久の「救いの腕」 | トップページ | 圓窓五百噺〜その499 »

2011年10月 5日 (水)

千早亭三十一さん

bananaまことに勝手ですが、本人の同意も取らず、「千早亭」のメンバーを紹介しています。
千早亭三十一さん
二番目は「千早亭三十一(みそひと)」さん。
「扇子っ子連・千早亭」の会長さんです。
初代の会長さんだった「千早亭当冨(とうふ)」さんが、ご都合で退会された後、大役を快く受けてくださいました。
飄々とした語り口調が面白く、前回の「青菜」も、今回の「転失気」も、独特の雰囲気を醸し出していました。
「転失気」を作り上げる過程で、この噺は、オチのパターンがたくさんありますから、どれにしようか悩みながら、楽しみながらおやりになっていたようでした。
次は「井戸の茶碗」にチャレンジすると宣言されています。
会長さん。引続きお願いします。

« 永久の「救いの腕」 | トップページ | 圓窓五百噺〜その499 »

千早亭」カテゴリの記事