« 「幕末太陽傳」 | トップページ | (上方落語)寄席発祥の地 »

2011年10月24日 (月)

衝動買い・大人買い?

subway先週の金曜日。
帰宅途中に上野の"駅なか"の店で、手拭い3本を「衝動買い」してしまいました。
何気なく手拭いを見ていて、突然欲しくなりました。
 
上の茶とベージュ系の「吉原繋ぎ」と、黒系の「縞づくし」と、緑系のものの3本です。
今度の「お江戸あおば亭」では、仙台の花であり、大学のシンボルでもある「宮城野萩」を使おうと思っていますので、別に使う予定もないのですが。
手拭いを何本か持っていると、何となくホッとするものなんです。

左の2本は、たたみ方によって柄が違って見えるのが面白い。
そして、翌日の土曜日。
浅草に行って、「あさくさ文七」でコーヒーを飲んだ後、「そうだ、長襦袢を見てみよう」という訳で、着物屋(呉服屋?)さんを覗きました。
ちょうどよい長襦袢があったので買うことにしました。
ここまでは、想定内だったのですが。
ちょっと脇を見ると、とても良い色・良い柄の角帯が目に入りました。
「う~ん、これはあの着物に合うな」と、その1本を手にすると、その隣にも、捨てがたい良いのがあったのです。
「よぉし、清水の舞台から飛び降りたつもりで」と、店の御主人にもおだてられ、この隣の1本も手にしました。
ところがその途端、数本おいたところにあったもう1本が、「ボクも買ってください!」と叫んでいる声が聞こえた気がしました。
これがまた良いんです。
こうなると、何か運命のようなものを感じてしまいます。
「そうか、オレが買いに来るのを待ってたんだな。」
・・気がつくと、3本を手にしていました。
これって「大人買い」っていうのでしょうか。
よくゴルフ好きで、ドライバーやアイアンやパターを頻繁に買い足す人がいます。
「よくやるよ。上手くなる訳でもないのに。」なんて言っていながら・・・、人のことは言えませんね。

手拭い3本、角帯3本。「衝動買い・大人買い」の産物です。coldsweats01

« 「幕末太陽傳」 | トップページ | (上方落語)寄席発祥の地 »

徒然」カテゴリの記事