« 圓窓五百噺 | トップページ | 師匠と楽屋で »

2011年10月 7日 (金)

千早亭早千さん

fishまことに勝手ですが、本人の同意も取らず、「千早亭」のメンバーを紹介しています。
千早亭早千さん
四番目は「千早亭早千(はやち)」さん。
我が千早亭も、世のご多分に漏れず、女性陣に引っ張られているようです。
中でも早千さんはリーダー格の一人。
とても明るくて前向きな人で゛、扇子っ子連のブログを作ってくださったり、落語会のチラシやプログラムの手配をしてくださったり、発表会へ知人やご友人をおおぜい呼び込んでくださつたり、大活躍です。
「香道」をやっていらっしゃるそうです。
今回の「伽羅の下駄」も、早千さんのためにある噺でした。
伊達の殿様が出て来るところは、私などはそそられます。
それにしても、「伊達男」の面目躍如。
伽羅で作った下駄とは、なんとも豪勢な・・・。
しかし、豚に真珠で、知らない人には、その価値は分からない。
普段と同様に、芸風も明るく、色々な工夫をしているようです。
ということで、ワッフル・早千の両輪に、その他メンバーが乗っかっているというのが、かなり正しい姿のような気がします。
いつもありがとうございます。
→「扇子っ子連・千早亭のブログ~社会人落語奮闘記~」
  http://blogs.yahoo.co.jp/sensukkoren/

« 圓窓五百噺 | トップページ | 師匠と楽屋で »

千早亭」カテゴリの記事