« 「救いの腕」とのお付き合い | トップページ | 永久の「救いの腕」 »

2011年10月 4日 (火)

千早亭ワッフルさん

karaokeまことに勝手ですが、本人の同意も取らず、「千早亭」のメンバーを紹介してみます。
ただ、私は出席率が悪いこともあり、メンバーの方々のことは、あまりよく存じ上げません。
本名も定かではありません。
普段の稽古会では、高座名で呼び合いますから。
私も「永久(とわ)さん」です。
でも、メンバー全員が、とても素晴らしい方々ばかりです。
千早亭ワッフルさん
さて、最初にご登場いただくのは、「千早亭ワッフル」さんです。
最初に師匠の「落語教室」の門を叩いたのは、可愛いお孫さんに「寿限無」を聴かせたいということだったと聞きました。
どのグループや組織にも、単なる役割分担だけでは上手く行かず、必ず「潤滑油」や「接着剤」のような存在が不可欠ですが、「千早亭」では、ワッフルさんが二役をやってくださっています。
恐らく、ワッフルさんがいなければ、こんなに楽しくまとまりのある連にはならないと思います。
明るく前向きで、とても若々しいのです。
さて、今回の「ういろう売り」は、歌舞伎との関わりのある難しい噺で、師匠がご自身で創作したものの、早口言葉が大変なのでお蔵入りしていたものだそうです。
確かに、高座本を拝見したら、長い早口言葉が続いていて、「こりゃ覚えられない」「うわぁ大変」と、他人事のように思ったものでした。
にも拘らず、会場から拍手喝采を浴びるという、とても素敵な素晴らしい高座でした。
それに、語りだけでなく、手振り身振りにも色気があり、師匠が絶賛されました。
さほど笑いのある噺ではないので、会長の三十一さんは、トツプバッターでちょっと大変かなと心配していたそうですが、心配どころか、一気に会場を和ませてくれました。
きっとご本人も「やったぁ!」と思っていることでしょう。
ワッフルさん、これからもよろしくお願いいたします。

« 「救いの腕」とのお付き合い | トップページ | 永久の「救いの腕」 »

千早亭」カテゴリの記事