« またバカなオヤジ | トップページ | 落語事始 »

2011年10月14日 (金)

スペアインク

スペアインク
pen私は、時々万年筆を使います。
と言っても、外国製だったり、蒔絵の装飾が施されていたりとかの、高級な代物ではありません。
mail実は、筆ペンもどきの万年筆で、ちょっと手紙を書いたりする時には、とても重宝なので、随分前から愛用しています。
先日、銀座に出て「clip」のマークで有名な文具店「Ⅰ」に立ち寄りましたが、その時にこの筆ペンもどき万年筆があったので、高いものではないからもう一本と、買うことにしました。
「このペンはセーラーのスペアインクだから、それも1箱付けてください。」とお願いしました。
店員さんが、万年筆とスペアインクを袋に入れてくれたのを受け取って帰りました。
暫くそのまま置いたままだったのですが、ある時何気なく袋を開けてみると・・・・、プラチナのスペアインクが入っていました。
万年筆が1050円、スペアインクが420円。
間抜けな「clip」店員さんにやや腹が立ちましたが、しっかり確かめなかった私もいけません。
もう後の祭りです。annoy
持って行って交換してもらおうと思いましたが、気が弱いのと?そのために行くのも面倒くさくて・・。
・・・・その後、別の店でセーラーのインクを買いました。
そして、究極の発想の転換。
hairsalon今日100円ショップで、プラチナのスペア使用仕様の万年筆を105円で買いました。
持っているものより細字ですから、使い道はあるでしょう。pen
という訳で、落語とは全く関係のない、「安物買いの銭失い」という、とてもくだらない話でした。weep
こういうのも、規格を統一して欲しいものです。

« またバカなオヤジ | トップページ | 落語事始 »

徒然」カテゴリの記事