« 広瀬さんの立川談四楼評 | トップページ | 真景累ヶ淵④~お久殺し »

2011年9月 6日 (火)

よってけし・・・


subway先週の土曜日の仕事の帰り道。
上野駅の正面改札の前で、「やまなし」のイベントをやっていました。
ちょうど桃やブドウの季節でもありますから、そんな類の品々が並んでいました。
それらはともかく、観光用のパンフレットも置いてあり、ガイドマップ以外にも、各観光地のものもありました。
中でも、「よってけし、身延」という、我が故郷の隣町「身延町」を思わず手に取って持ち帰りました。
              
「よってけし」というのは、甲州弁で、「寄っていきなよ」という意味。
甲州弁には「・・・・し」という言い回しがあります。Photo
やや命令的に強める感じに使うのでしょうか・・・?
以前、道路の注意看板に「飛ばしちょし」というのを見つけました。
「飛ばさないで」という意味です。
ところが、私は隣町の出身ではありますが、南を静岡県静岡市と富士宮市に接しているので、駿河弁エリア・・。
地図で、下に突き出た最南端の町、身延町はその北隣です。
落語「鰍沢」の舞台は、その北隣の「富士川町」にあります。
身延といえば、やはり「身延山」と「下部温泉」が有名でしょう。
日蓮宗総本山の「身延山九遠寺」、武田信玄の隠し湯といわれた「下部温泉郷」。
是非とも「よってけし」。
・・・ところで、我が町のは見当たりませんでした。

« 広瀬さんの立川談四楼評 | トップページ | 真景累ヶ淵④~お久殺し »

徒然」カテゴリの記事