« 歩き稽古 | トップページ | 「救いの腕」の稽古 »

2011年9月27日 (火)

千早亭稽古会

dash発表会前の最後の稽古会。
日曜日の三流亭「ん組」の稽古会で、初めて通しでやって、師匠からは一応OKが出たようにはなっていますが、まだまだと言うところ・・。
今夜は、出演メンバー全員が出席です。
そりゃあ、欠席率最多の私でさえ出席したのですから。
そこで、稽古の回数の少ない人が稽古をつけていただきました。   
   ◇ 救いの腕     千早亭永久
   ◇ つる        千早亭貴女(あなた)
   ◇ おはぎ大好き   千早亭和歌女(わかめ)
   ◇ 死神        千早亭百人(ももと)
千早亭稽古会千早亭稽古会千早亭稽古会
正直なところ、発表会まであと数日しか日がないのに、「大丈夫かなぁ」と思ってしまう人もいます。
私も他人様のことをとやかくいう資格はありませんが、そんな私でさえそう思ってしまうのですから・・。
それから、よく落語に対する考え方の違いを感じることもあります。
舐めたり、馬鹿にしたりしている訳ではないのでしょうが、「それはちょっと違うんじゃないかなぁ」と思うところや人もあります。
楽しみ方はそれぞれで良いのでしょうが、落語原理主義者にとっては「?」と感じる瞬間があるのも正直なところなのです。
ただ、私にとっては、落研・落語っ子連(三流亭)・扇子っ子連(千早亭)、乱志・流三・永久は、落語への接し方を変えて、固定観念を捨てるのには、ベストミックスなのかもしれません。
結局のところ、どこでも、私にとっては快適な空間なのです。

« 歩き稽古 | トップページ | 「救いの腕」の稽古 »

千早亭」カテゴリの記事