« 真景累ヶ淵⑧~麹屋のお隅 | トップページ | 憩いの社交場 »

2011年9月10日 (土)

世界自殺予防デー

crying変な日があったものです。
「世界自殺予防デー」ということで、2003(平成16)年に世界保健機関(WHO)と国際自殺防止協会がストックホルムで開催した世界自殺防止会議で制定したものだとか。
そして、9月10日~16日が、「自殺予防週間」だそうです。
落語にも、自ら命を絶つ(絶とうとする)噺や場面があります。
「唐茄子屋政談」などは、小さな子どもが「おっ母ちゃん、早くに下におりて来て」と、泣いているという、実に痛ましい場面が出て来ます。
ただ、以前から申し上げているとおり、落語国の人々は、若干の例外を除いて、どんなに貧しくても、辛くても、現実を受け止めて(受け入れて)、まず(疑いもなく)生きようとする人々がほとんどです。
生きとし生けるもの、生きていてこそなんぼのものという訳です。
生きていれば、今よりはましな状態(幸せ)になる方法があるはず。
それを信じて健気に生きています。
談志師匠曰く「業の肯定」というやつです。
notes都会では 自殺する 若者が 増えている notes
なんていう歌も、40年前頃にヒットしていました・・・。
最近は、都会と言わず、田舎と言わず、自殺者数が高水準の年が続いているようです。
ちょっと暗い話題でした・・・。

« 真景累ヶ淵⑧~麹屋のお隅 | トップページ | 憩いの社交場 »

巷談」カテゴリの記事