« 千早亭稽古会 | トップページ | 「三遊亭圓生」の名跡 »

2011年9月27日 (火)

「救いの腕」の稽古

sweat01千早亭落語会の前の最後の稽古会に、何とか「救いの腕」が間に合いました。(・・・間に合っていないかな?)
日曜日の三流亭「ん組」の稽古会で初めて通してやり、その時に師匠からいただいたアドバイスを盛り込もうとしたのですが、さっぱり出来ず、酷い出来になってしまいました。
師匠から言われているのは、一人で長く喋るシーンがあるから、お茶を飲んだりする仕草などを工夫するといいということ。
お茶に饅頭もつけて、冒頭部分で仕込んだのですが、お茶も飲めずに終わりました。
今回の師匠からのアドバイスは以下の4点・・。
 ①前回同様に、長い台詞の時の演出の工夫
 ②登場人物3人をしっかり演じ分けること
  (演じ分ければこの噺は大成功)
 ③オチのところはあまり小刻みな台詞のやりとりはしない
 ④女性を演る時に片方の肩が下がる癖を治す
それでも師匠は、「うん、よく出来てる」と言ってくださいました・・・。
さあ、あと4日・・・。

« 千早亭稽古会 | トップページ | 「三遊亭圓生」の名跡 »

千早亭」カテゴリの記事