« 真景累ヶ淵③~豊志賀 | トップページ | 広瀬さんの立川談四楼評 »

2011年9月 5日 (月)

小間物屋

ring「小間物屋」っていうのを調べてみました。
2 小間物を商う人,またはその店。
おいおい、当たり前でしょう。
「こまもの」は、「高麗(こま)等」舶来の物とする説と、細物(こまもの)の義とする説があるそうです。Photo_12
江戸時代は行商が普通で,化粧品,櫛(くし),簪(かんざし),楊枝,歯みがき,紙入,タバコ入等を売り歩いていたそうです。
ということは、「佃祭」の次郎兵衛さんは、自分の店を持っていたのですから、かなりの商いだったのでしょう。

« 真景累ヶ淵③~豊志賀 | トップページ | 広瀬さんの立川談四楼評 »

徒然」カテゴリの記事