« 真景累ヶ淵⑨~明神山の仇討 | トップページ | 落語DEデート »

2011年9月11日 (日)

あれから6ヶ月・・・

thunder平成23年3月11日14時46分。
あの大地震から6ヶ月が過ぎました。
街が、家が、生活が、そしてかけがえのない多くの命が失われ、絶望の縁に追い込まれました。
被災地は、もう立ち上がれないのではないかとも思いました。
大震災から半年を経ても、乾かぬ涙、止まらぬ嗚咽、将来へのいたたまれない不安……心の傷はなかなか癒えないでしょう。
7月に南三陸町に慰問に行って、志津川の街の惨状を目の当たりにして、こちらに戻っても、暫く立ち上がれませんでした。
でも、その悲しみや苦しみを乗り超えて、人々は生きて着実に復興に向けた営みをしているようです。
昨日、ラジオを聴いていたら、南三陸町の町長が出演して、現状の説明などをしていました。
私が落語を演っている時に、脇を通りかかったあの町長です。
電気と水は復旧したけれども、がれきは処分する場所もなく、まだあのまま残っているようです。
街づくりは・・、やはり先立つものの状況で、まだまだ見通しがついていないようです。
あの後も、甚大な風水害の被害も起こりました。
確かに、あの日から何かが変わった気がします。
笑って生きることはつらいけれども、本当に尊いことですね。

« 真景累ヶ淵⑨~明神山の仇討 | トップページ | 落語DEデート »

徒然」カテゴリの記事