« 甲州弁? | トップページ | ひそかに15万件 »

2011年8月14日 (日)

内海桂子師匠

hospital漫才協会名誉会長の「内海桂子」師匠が肺炎で入院しているそうです。Photo_4
桂子師匠は、今月6日から10日まで東京・国立演芸場に出演したが、公演前日の5日に体調不良を訴えていたという。39度の発熱があり、熱中症と判断し自宅で静養。ところが、翌6日になっても体調は回復しなかった。
 何とか舞台出演は続けたが、9日の公演終了後に夫でマネジャーの成田常也氏に病院に連れて行かれ、肺炎と診断。そのまま入院した。10日は病院から酸素吸入器を付けて会場に行き、舞台は最後までやり通した。
 公演終了後は治療に専念し、現在は体温や酸素吸入量も回復。「酒も飲まず、いわれた通りの薬を飲んで今しばらく横になっています」とツイッターで報告している。
 関係者によるとあと10日ほどは入院が必要だが、21日からの舞台には復帰する意向という。

・・・だそうです。
ところで、師匠は88歳だそうですが、
ツイッターを活用する芸能人の最高齢ではないかと言われ、またそのつぶやきが面白いと評判なんだそうです。
「さすが漫才師」とうならされるものばかりだとか。
「戌年の私が猫の夢を見ました。ドロボー猫呼ばわりされているかわいそうな猫に同情している内に目が覚めたんですが、犬に比べて猫には悪い例えが多いですね。あまり尻っぽを振らないせいもあるんでしょうか」
「ツイッターとはつぶやけばいいんだと聞いて頭をひねっていますが、用語辞典で正確な意味を調べてみました。いくらページをめくっても出て来ません。どうしてなのか亭主に聞いたら、85年出版の辞典には 載っていませんよと。つい最近始まったばかりだそうで知らぬ事とはいえ大変失礼いたしました」」・・・。Photo_5
私は、桂子師匠の相方だった「内海好江」師匠が好きでしたよ。
若くして亡くなってしまいましたが。
春日三球照代の照代さんと、好江師匠はよかったなぁぁ。

« 甲州弁? | トップページ | ひそかに15万件 »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事