« 大手町落語会 | トップページ | 「昭和の名人完結編」(13) »

2011年8月 6日 (土)

同じ二つ目さんでも

bomb「紀伊國屋寄席」にこだわります。
Saishi1_2同様に「紀伊國屋寄席」に出演したことがある、二つ目の「桂才紫」さんのプログを見つけました。
あの「湯屋蛮」さんとはえらい違いですよ。
伝統あるホール落語会『紀伊國屋寄席』に出演させて頂きました。
こちらで○年連続の出番。
それだけでも有り難いです。
二ツ目の枠は一回1人なので年間12人。
その中で毎年選んで頂いていることの意味を、毎回自分に問いかけています。

今日は「○○」をかけさせて頂きました。
新たにに色々とお客様から教えて頂きました。
ありがとうございました。
そして、やる演目以上に「このホールで演じること」自体が非常に大きな勉強だと感じました。
これからもずっと上を目指していく私にとって、「その場を実際に経験する」ということは大変重要なポイントだと捉えています。
その中で紀伊國屋ホールで演じられること…次へ次へつなげます。

また師匠方の高座を聴かせて頂けるのも大きな経験。
寄席ならばトリの持ち時間ほど皆さんありますから、「ホールでの演じ方」というものを今後も見て聴いて研究させて頂きます。
うん、出番でない時もできる限り伺って、舞台袖から先輩方の高座を勉強させて頂こう。

・・・・・という。 (文は下線および一部加除してあります。)
やや優等生的なコメントではありますが、なかなかチャンスの少ない二つ目さんにとって、大事にすべき機会だと思うのです。
そういえば、才紫さんは、時々圓窓師匠に稽古をつけていただいているようで、師匠のブログにも登場しています。
ちょっとホッとしました。happy01

« 大手町落語会 | トップページ | 「昭和の名人完結編」(13) »

噺家さん・芸人さん」カテゴリの記事