« 女子大生の日 | トップページ | 師匠の「高座本」 »

2011年8月16日 (火)

共存共栄?

       
eyeglass今年は、蝉が鳴き始めるのが遅かったと聞いていますが、今日あたりは今を盛りと鳴いています。
田舎者には、梅雨時の蛙、真夏の蝉、秋のコオロギなんていうのは、身体(耳)に染みついていますので、元気に鳴いてもらいたいものです。
朝顔の細い茎に止まっている蝉を眺めていると、短い夏の儚い命を、お互いに助け合って、競い合って生きている感じがします。
自らに与えられた命を、疑いもせず、嘆きもせず、精一杯生きる。
これが「生きる」ということなのでしょうか・・・・?
落語国の人々も、同じように明るく生きています。
ところで、千代女以外にも、朝顔の俳句もいいものがありますね。
 ”朝顔や  客が好みの  立ち話”    水原秋桜子   
  ”暁の  紺朝顔や  星一つ”      高浜虚子

そして、蝉と言えば、有名な一句がありますよ。
 ”閑かさや 岩にしみ入る 蝉の声” 松尾芭蕉

« 女子大生の日 | トップページ | 師匠の「高座本」 »

季節・散歩」カテゴリの記事