« 三遊亭圓朝 | トップページ | 山岡鉄舟と三遊亭圓朝 »

2011年8月 8日 (月)

立秋

maple「暑いsweat01暑いsweat01」と騒いでいても、暦の上では今日から「秋」。
そんなこと言われたって・・・、暑さは激しくなるばかり・・。
初めて秋の気配が現れてくる頃とされる。(どこに気配が?)
七月節(旧暦7月)。「暦便覧」では「初めて秋の気立つがゆゑなれば也」と説明している。
夏至と秋分の中間で、昼夜の長短を基準に季節を区分する場合、この日から立冬の前日までが秋となる。
暦の上ではこの日が暑さの頂点となる。
翌日からの暑さを「残暑」といい、手紙や文書等の時候の挨拶などで用いられる。
また、翌日から暑中見舞いではなく残暑見舞いを出すことになる。
 「秋来ぬと目にはさやかに見えねども
            風の音にぞおどろかれぬる(藤原敏行)」

蝉の鳴き声
でも暑いです。
今朝の天気予報で最高気温予想は「34℃」でした。
ミィ~ン ミン ミン・・・・。
そうしたら、こんなコメントを見つけました。なるほど・・・。

「今日は立秋。暦の上では秋に入りましたが、相変わらず暑いですね」などというコメントは、暦の上では立秋こそ暑さの頂点であり、徐々に暑さが緩むのはその翌日からなので、おかしい。
一方、時候の挨拶などで用いる「立秋とは名ばかりのこの暑さ」の場合は、処暑までの期間を意味しているのでおかしくはない。

« 三遊亭圓朝 | トップページ | 山岡鉄舟と三遊亭圓朝 »

季節・散歩」カテゴリの記事