« 「圓朝語り」読後 | トップページ | 「圓朝まつり」~駅から会場へ »

2011年8月 7日 (日)

仙台七夕祭り

shine「時は流れ また夏が来て あの日と同じ 七夕祭り・・」1 note
吹く風爽やかな杜の都の七夕祭りも、今年だけは「あの日と同じ」という訳には行きません。
昨日から始まった仙台の七夕祭り。
今年の東北の夏祭りは、どこも復興を願い・復興を期するものになっています。
短い東北の夏のクライマックスともいえる夏祭り。
様々な思いで、中央通りや一番町に飾られている七夕飾りをくぐって歩いたものでした。2011072121380001
・・時は流れ また夏が来て・・・懐かしいですね。
そう言えば、仙台一の旅籠「虎屋」の主だった「卯兵衛」さんが、2階から土間まで転げ落ちてしまったのは、七夕祭りで満員の時、泊まっている客同士の喧嘩を止めようとして突き飛ばされたんでしたね。
医者よ・薬よ・加持祈祷と、色々手を尽くしたのですが、腰が立たなくなってしまって・・・。
「ねずみ」も、七夕祭りとは縁があるんです。
(新聞記事から)
仙台の夏の風物詩「仙台七夕まつり」が8月6日に開幕し、仙台市中心部は多くの市民や観光客でにぎわいをみせている。
東日本大震災を受け、今年は「復興と鎮魂」をテーマに掲げる。
「『仙台七夕まつり』は、もともと星に願いを託すお祭り。
今年は、仙台・宮城そして東北全体の復興を願うお祭りとして開催することを決定した」(仙台七夕まつり協賛会の庄子正文実行委員長)
約3000本の竹飾りが市内の各商店街に取り付けられ、風にそよぐ吹き流しが市民や観光客の目を楽しませている。
仙台市中心部のアーケード商店街には朝から多くの人出でにぎわい、18時までに50万人を突破。
3日間で延べ175万人を見込む。

« 「圓朝語り」読後 | トップページ | 「圓朝まつり」~駅から会場へ »

季節・散歩」カテゴリの記事