« ぞろぞろ | トップページ | ちゃっきり節 »

2011年8月20日 (土)

1ヶ月あまり経って・・

rvcar落研OBの友楽師匠とぴん吉さんと3人で、被災地の南三陸町にお邪魔して、はや1ヶ月あまりとなりました。
何て言ったらいいのか、大変不謹慎な表現に受け取られるかもしれませんが、「あれは何だったんだろう」と思うことがあります。
あれから、自分が遠く及ばない、心の深い部分に何かがあって、何とも表現出来ないのです。
しかし、あの日(3.11)に、未曾有の災禍が、あの平和な街々に突然牙を剥いて襲いかかって来たことは紛れもない事実でした。
あの破壊された街角(らしきところに)立った時、恥ずかしながら、それを現実として受け止められず、まるで映画のセットにでも立ったような・・・、そんな気がしたものでした。
臨場感のない自分を見つけて、酷く狼狽したことを覚えています。
Photo_5 そんな甘っちょろい者が、4ヶ月も経ってから現地を見た訳ですが、それでも何か、何とはいえないんだけれども、何か感じて、何か思いを新たにした気がしています。
「花色木綿」を演らせていただきました。
そして、「花色」のような、あの静かな海が忘れられなくなりました。
今「ホテル観洋」の前は、ひまわりの花が咲き乱れているそうです。
太陽に向かって咲く花が・・・。力強く。

« ぞろぞろ | トップページ | ちゃっきり節 »

季節・散歩」カテゴリの記事