« 金魚の芸者 | トップページ | やはりあの時さん喬師匠は »

2011年7月27日 (水)

「昭和の名人完結編」(11)

Photo

cdこのシリーズも11巻目。
今回は、十代目桂文治師匠。
先日、弟子の桂平治さんの十一代目襲名が明らかにされたばかり。
甲高い声でしたが、「江戸っ子」を感じさせる独特の語り口が魅力でした。
  ◇ 猫と金魚    桂文治
  ◇ 八百屋お七   桂文治
    ◇ 豆屋       桂文治
「猫と金魚」は、あの「のらくろ」の田川水泡原作の新作落語です。
ところで、脇から聞いた話ですが、このシリーズの第11巻目は、もともと「五代目春風亭柳朝」の予定だったそうです。
この師匠は、江戸っ子気質と時間のルーズなところが有名で、確か落語芸術協会会任期人気満了の当日に亡くなったはずです。
私は、「やかん」とか「粗忽の釘」などの滑稽噺、「源平盛衰記」や「お血脈」などの地噺が好きです。

« 金魚の芸者 | トップページ | やはりあの時さん喬師匠は »

書籍・CD・DVD」カテゴリの記事