« 日本沈没 | トップページ | 「駅なか」の賑わい »

2011年7月30日 (土)

落語の仕草

sports芸能でもスポーツでも、ある一定の決め事(ルール)があって成り立っているものです。
従って、それを逸脱した場合は、色々な議論が出て来るものです。
落語は、特に江戸落語は、もともとお座敷芸ですから、演者は座布団に座ったままで語るのが原則(常識)です。
ねずみ十態
最近は、落語を古典芸能として捉えるのではなく、数多あるエンターテインメントの1コンテンツという捉え方もありますから、時々「えっ?」「・・・?」というようなものもあります。
上方落語は、大道芸ですから、このあたりはいくらか柔らかいかもしれません。
という訳で・・・・、
 ・座布団から外れて(下りて)もいいのか。
 ・座布団の上に寝てもいいのか。
 ・正座を崩して足を伸ばして(投げ出して)いいのか。
 ・客席を背にして座っていいのか。    ・・・・等々
考えさせられる場面があります。
「面白ければいいじゃないの」とか、「お客さんが喜んで(受けて)いるんだから」とか言う向きもいらっしゃると思いますが、私はここはこだわりたいと思うのです。
笑いを取るだけなら、例えば高座に出て行くときに転べば、きっと客席は受けますよ。
でも、これでは芸とはいえないでしよう。
            ねずみ十態
先日の「読売GINZA落語会」で、桂春蝶々さんが、「任侠伝」で座布団に横たわる場面がありました。
春風亭小朝さんは、「愛宕山」で、真後ろを向いて、谷に落ちた小判を探して拾う仕草をしました。
それぞれ客席には大受けでした。
前者は、上方落語だし、新作落語だから、あまり言いません。
問題は後者です。Photo
演出としては面白いということなのでしょうが、様々な方向を探し回るシーンも、客席に正対した状態で表現してこそだと思うのは私だけでしょうか?
落語とリアリズムという議論にもなってしまうのかもしれませんが、お客さまに背を向けるという「無礼」をおしてまでやるのかと・・・・。
圓窓師匠は、ご指導くださる際に、必ず「品(性)」のことを仰います。
言葉遣いや、着物の裾の乱れ、座る向きなど、細やかな気遣いをするようにと。
「粋」を真骨頂とする江戸落語では、座布団に真っ直ぐ座って勝負してこそが芸だと思うのは、あまりに守旧的でありましょうか・・・?

« 日本沈没 | トップページ | 「駅なか」の賑わい »

徒然」カテゴリの記事