« カラオケ病院 | トップページ | 仙台新撰落語会 »

2011年7月21日 (木)

土用丑の日

Photo

japanesetea「土用丑の日」と言えば、真夏の暑さを想像しますが、今日は涼しい・・。
mistこんな土用丑の日もあるんですね。
ところで、「土用丑の日」って何なのでしょうか?
土用の間で、日の干支が丑である日。
特に夏の土用丑の日には、暑い時期を乗り切る栄養をつける為に鰻を食べる習慣がある。
鰻には
ビタミンA・B群が豊富に含まれているため、夏バテ、食欲減退防止の効果が期待できる。
・・・ということで、どうやら夏の専売特許ではないらしい。
「土用」って何?

「土旺用事」の略。立夏・立秋・立冬・立春の前の約18日間のこと。
年に4回あるということです。
18日×4回だから72日間、ということは、1年の5日に1日は「土用」ということになりますね。
説明を読み進めると・・、
元々は清明・小暑・寒露・小寒の後13日目からの18日間だったが、現在では太陽が黄経27度・117度・207度・297度の点を通過する瞬間を含む日から、それぞれ立夏・立秋・立冬・立春の前日までの期間と定められている。
陰陽五行?説で、春に木、夏に火、秋に金、冬に水を割り当て、余った土を季節の変わり目に割り当てた物。
土用の間は土の気が盛んになるため、土を動かすことや殺生が忌まれる。

一般的には、夏の土用(立秋までの約18日間)を指すようです。
俳句で「土用」と言えば夏の季語だそうですから。
「土用丑の日」に鰻を食べるというのは、由来には諸説あるそうですが、平賀源内が発案したという説が一般的だそうです。
江戸時代、商売がうまく行かない鰻屋が平賀源内に相談したところ、源内は、「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という民間伝承からヒントを得て「本日土用丑の日」書いて店先に貼るよう勧めた。
物知りとして有名な源内の言うことならということで、その鰻屋はたいへん繁盛した。
その後、他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したとされる。
そう考えると、最近の「バレンタインデー」や「恵方巻き」などと同様、コマーシャリズムの産物なんですなぁぁ。

« カラオケ病院 | トップページ | 仙台新撰落語会 »

季節・散歩」カテゴリの記事