« 「復興出前寄席」in南三陸 | トップページ | 一路仙台へ・・ »

2011年7月17日 (日)

平和な海を見ながら

restaurant「ホテル観洋」の女将さんにご挨拶することができました。
「復興出前寄席」がはねてから、女将さんとMさんとKさんと我々で、記念写真を撮っていただきました。
平和な海
早速ツイッターに展開するんだとか。Photo_3
女将さんのご苦労の一端や、街を愛する熱い気持ちを聞き、大きなものを学ばせていただいた気がします。 
お客さんは必ずしも多くはありませんでしたが、「生の落語を初めて聴きました」「落語に初めて触れて、子どもが喜んでいました」なんていう感想も頂戴したようです。
女将さんのご好意で、何と、大浴場を使わせていただき、MさんとKさんに食事をご馳走になったり、ボランティアの風上に置けない待遇を受けてしまいました。
高座から、ロビー越しの海、その先の志津川の街を見ながら、いつもとは違う、楽しい高座を勤めさせていただきました。 
平和な海
「ホテル観洋」は、本当に不思議な空間でした。
生活の場、復興のための宿舎、一部の本来のホテルの宿泊客・・・。
トイレに入って来た若い人が、明るい声で「こんばんわ」。
私も思わず「こんばんわ」と答えました。
どうやら地元の人らしい。
観光ホテルのトイレで、見ず知らずの人と挨拶を交わしたしたことがありますか?
ここは日本なんです。日本人なんです。
みんな元気に生きて行くんです。
       平和な海
・・・海鳥に見送られて南三陸町を発ったのは、もうすっかり暗くなった7時半ぎになってしまいました。

« 「復興出前寄席」in南三陸 | トップページ | 一路仙台へ・・ »

徒然」カテゴリの記事