« 圓朝忌・奉納落語 | トップページ | 「5周年記念落語会」DVD »

2011年7月22日 (金)

桂友楽師匠

復興寄席in<br />
 南三陸
我が「落研御三家」の一人、人呼んで「仙人・桂友楽」・・と言うが、実は私が勝手に広めているのです。
「落研御三家」とは、「名人・喰亭寝蔵」・「達人・談亭志ん志」・そして「仙人・桂友楽」の、我が落研自慢の3枚看板のこと。
先日の「復興出前寄席」のチラシでの友楽さんの紹介文をご披露しましょう。
宮城県仙台市出身。
仙台市在住。
東北大学落語研究部OB。
八代目桂文楽に名前弟子を許され、友楽を襲名。
兄弟子にフランキー堺。
「仙都に笑いを」をスローガンに、落語会の出演をはじめ、プロデュースも手がける。
落語を活かした町興し(荒町、八幡町)、先人の偉業の物語化、子どもを対象にした落語ワークショップの開催、「笑いと健康」をテーマにした講演活動など幅広く活躍中。
なるほど、仙台でのご活躍は、本当に頭が下がります。
最近、「カラオケ病院」などの新作をやるようになったのは、やはり観客を飽きさせないようにするためには、音楽や歌が一番なのだそうで、落語の中に歌の入っている噺が必要だったからだそうです。

« 圓朝忌・奉納落語 | トップページ | 「5周年記念落語会」DVD »

落研」カテゴリの記事