« 圓朝まつり「奉納落語会」 | トップページ | ウソ発見器 »

2011年7月13日 (水)

いなせ

Photo

shadowいなせ(鯔背)とは、〔江戸時代、江戸日本橋魚河岸の若者が髪を鯔背銀杏(いなせいちょう)に結っていたことから〕粋で威勢がよく、さっぱりとして男らしいさまや、そのような気風を言います。
この語源は、江戸日本橋魚河岸の若者の間で流行した髪型に由来する。
その髪型は、魚のイナ(ボラ)の背に似ていることから、「鯔背銀杏」と呼ばれた。
そこから、魚河岸の若者(鯔背銀杏を結った若者)のように、粋で勇み肌の者を「いなせ」と呼ぶようになった。
「帰す」「行かせる」などを意味する「いなす(往なす)」の名詞形とする説もあるそうです。

« 圓朝まつり「奉納落語会」 | トップページ | ウソ発見器 »

徒然」カテゴリの記事