« 落語はやおき亭 | トップページ | ひと休み »

2011年6月26日 (日)

上野ひとり歩き

今日は1日ゆっくり休んでいようと思ったのですが、靴がヨレヨレになっていたのに気がつき、ホームグラウンド?の上野に出ました。
上野徘徊
何年か前に、同じタイプのデザイン違いをペアで買い、ずっと履き続けていたので、今回もと思って行ったのですが、確かこのあたりに・・という場所に店がありません。
店の名前など覚えている訳がありませんから、別の店に行くことにしました。
上野はみちのくの玄関口でもあり、アメ横にも、"けっぱれ東北"の横断幕が掲げられています。
   上野徘徊   上野徘徊
不忍池はすっかり蓮の葉に覆われて、池の端に咲く紫陽花の先の蓮沼越しの清水さまの弁天堂がきれいでした。
ライトアップされた夜とはまた違う趣きです。
      上野徘徊   上野徘徊
落語「崇徳院」で、若旦那がお嬢さんに一目惚れした場所です。
二人が「われても末に会はむとぞ思ふ」神聖な場所。
池の端の「下町風俗資料館」では、東京の路面電車に関する展示が行われています。
久しぶりに上野を歩きました。

« 落語はやおき亭 | トップページ | ひと休み »

季節・散歩」カテゴリの記事