« 落研OB会の会報 | トップページ | 談亭志ん志師匠 »

2011年6月 3日 (金)

プロと素人の差

Photo_2

昨日の日経新聞のコラムで見つけた、作家の吉村昭が、趣味の俳句への畏怖について言っていたというフレーズ。
「眼の前に遮断機がおりているように、自分の理解力に限界があって、奥の部分に入れない。専門家と素人の間に厳然とした隔壁がある。」
生意気なようですが、この気持ちがよく分かるんです。
「えぇ~、お笑いを一席・・」なんて、噺家さんを気取っていますが、やはりどうしてもプロには敵わないのです。
やはり所詮真似事なのかもしれない。
プロの噺家さんには、長く落語と向き合っていた時間の積み重ねがあります。
ところが、我々にはない。
その差は決定的だと思います。
が、せめてそれ以外は、一生懸命頑張って、落語が上手くなりたいと思うのです。
出来るだけ低い、なるべく薄い「隔壁」にしたい・・・。

« 落研OB会の会報 | トップページ | 談亭志ん志師匠 »

巷談」カテゴリの記事