« やすらぎ寄席 | トップページ | 扇子っ子連・千早亭稽古会 »

2011年6月17日 (金)

噂・・・?

こんな記事を見つけました
桂平治の桂文治襲名、立川志の輔の弟子逮捕など、地味ながらも熱い落語業界。
しかしながら、ドラマ『タイガー&ドラゴン』からはじまった落語ブームもそろそろ下火で、若い世代のファン獲得も最近は難しくなってきているようだ。
そんな中、一部の演芸ファンの間で今、盛り上がっているのが「上方落語協会分裂」の噂である。
東京の落語界は「一党一流二協会」と呼ばれており、落語協会、落語芸術協会、立川流、圓楽党の四つの団体がそれぞれ別の舞台で活躍しているが、大阪では上方落語協会のみである。これは上方落語の歴史が比較的新しく、寄席も無かったことから、一協会のみで運営できていたからである。
聞くところによると、上方落語協会から分裂する新団体の会長には、桂ざこばが就任するという話だが…?
「上方落語の注目度は年々上がっていて、所属する落語家も増えてきました。分裂の噂は三枝さんとざこばさんの喧嘩別れというわけではなく、人気の二分化と見たほうが良いと思います」(演芸評論家)
あえて二つに分けることにより、上方落語界全体の人気を高める作戦のようだ。

まあ、そんなことがあるのでしょうか?
私は上方落語のことはよく知りませんが。
ただし、上の文章で、「上方落語の歴史が比較的新しく・・」とありますが、これは大きな間違い。
一旦衰退した上方落語が、四天王の活躍で甦った時なら、比較的新しいですが・・。

« やすらぎ寄席 | トップページ | 扇子っ子連・千早亭稽古会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事