« 佃祭 | トップページ | 大川端 »

2011年6月19日 (日)

落語っ子連「ん組」稽古会

                  落語っ子連「ん組」稽古会
落語っ子連・三流亭「ん組」の稽古会。
「お江戸ОB落語会」の後、暫く落語から離れていましたから、何となく久しぶりな感じ。
           落語っ子連「ん組」稽古会    落語っ子連「ん組」稽古会
10時半から暫くの間、師匠と二人だけで雑談。
落研ОB会のこと、千早亭のこと、師匠の寄席出演のこと・・・。
今日は、師匠の創作噺「救いの腕」の読み稽古をお願いしました。
師匠からいただいた高座本を、声を出して読む稽古です。
師匠も、ご自身の創作だけに、他人が演っているのを聴いたことがないということで、じっくり聴いてくださった気がします。
オチまで読み終えた時に、私が思わず「師匠、難しい噺ですね。」と言うと、「難しいねぇ・・。今までないパターンの噺だしね。」と・・・。
それだけに手応えは十分。闘志が湧いて来ました。
それに、師匠の顔が嬉しそうでした。
  ◇ 救いの腕     三流亭流三
  ◇ 明烏        三流亭窓口
  ◇ 火事息子     三流亭まど絵
「明烏」も「火事息子」も、落語の中の落語、とても難しい噺です。

« 佃祭 | トップページ | 大川端 »

落語っ子連」カテゴリの記事