« 上野桜木から「谷根千」 | トップページ | 瑞輪寺と全生庵 »

2011年5月14日 (土)

真打競演

そうでした。
今夜の「真打競演」は、師匠がご出演でした。
     ◇ 猫と金魚    柳家甚語楼
     ◇ つる        三遊亭圓窓
甚語楼さんは、真打昇進の頃にはよく聴いたのですが、それから久しく聴いていませんでした。
やや地味な感じがしますが、早稲田大学落研のOBですよ。
「猫と金魚」は、確か「のらくろ」の作者「田河水泡」の原作でした。
圓窓師匠の「つる」は、前座噺の一般的なイメージはなく、様々な創作部分が入れてあります。
色々な場所で好んでお演りになっているようです。

« 上野桜木から「谷根千」 | トップページ | 瑞輪寺と全生庵 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事