« 歩き稽古 | トップページ | 発表会のDVD »

2011年5月24日 (火)

扇子っ子連・千早亭の稽古会

扇子っ子連・千早亭の稽古会
千早亭の第2クールが今日からスタートです。
早千さんのお友達が一人新しく仲間入りをし、ますます楽しくなりそうです。
ただ一方で、小倉さんが仕事の関係で、暫し休会されるとのこと。
今日は、改めて自己紹介をした後、次の噺を決めました。
   ・屏風      三方一両損
   ・ワッフル    ういろう売り
   ・早千      伽羅の下駄
   ・三十一     転失気
   ・和歌女     おはぎ大好き
   ・小倉      元犬
   ・軽太      道具屋
   ・永久      救いの腕   ・・・・・
私は、千早亭で「救いの腕」をやらせていただくことにしました。
次回の発表会が10月頃ですから、早く師匠にあげていただこうということで。
落語っ子連・三流亭のネタは、別の噺にしようと思います。

そして、師匠から「それじゃぁ永久さんが、稽古をしたいそうだから」と促されて、「佃祭」のおさらいをやらせていただくことに。
三流亭・千早亭と落研がぐちゃぐちゃです。
とりあえず、必死でやってみました。
「うん、この間より大分まとまって来たよ」と師匠。
先日の稽古会の時のご指摘は、一応全てクリアしたつもりですから。
師匠からさらに・・・、
おかみさんが次郎兵衛さんの袂をつかむ時の視線。
金太郎が次郎兵衛さんを船着き場まで送って来た場面の演出方法。
「情は人のためならず・・・・」を五七五七七の短歌で言おう。
・・・等々のアドバイス。
"人の世の 情は人の ためならず 巡り巡りて 己が身のため"
ということにしました。
なかなかいいじゃありませんか。

その後は、師匠の聞かせ稽古。
「ういろう売り」と「伽羅の下駄」のネタ本を読んでくださいました。
師匠、写真のとおり、実に楽しそうに読んでくださいました。

最後に、新会長に三十一さん、会計は今までどおりワッフルさん、広報は早千さんと百人さんということで、チームワークを確かめ合いました。

« 歩き稽古 | トップページ | 発表会のDVD »

千早亭」カテゴリの記事