« 江戸落語 誕生と発展 | トップページ | 手揉み茶 »

2011年5月 3日 (火)

からくり儀右衛門

からくり儀右衛門
確か、「落語っ子連」の発表会で、びす太さんが演った「からくり料理」という噺に、からくりの名手で、東芝のルーツの一人だという人を紹介していました。
紀伊國屋書店で、「からくり儀右衛門〜東芝をつくった男」というポスターを発見。
きっと、あの説明に出た人でしょう。
師匠の創作噺だったはずですから、師匠の蘊蓄も凄いものです。
「からくり儀右衛門」こと「田中久重」という人だそうです。
寛政11(1799)年 - 明治14(1881)年。
江戸時代から明治にかけて「東洋の
エジソン」「からくり儀右衛門」と呼ばれ活躍した日本の発明家。
筑後国久留米(現在の
福岡県久留米市)生まれ。
久重が創設した田中製造所は後年、東芝となった。
・・・とさ。

« 江戸落語 誕生と発展 | トップページ | 手揉み茶 »

徒然」カテゴリの記事