« 圓朝座 | トップページ | 八十八夜 »

2011年5月 2日 (月)

戸隠様

Photo

「戸隠」というのは、何となく神々しいというか、山伏や忍者のようなイメージもする名前です。
(蕎麦もありますか?)
「佃祭」では、虫歯にご利益のある「戸隠様」です。(私は、戸隠様の梨は登場させませんが。)
戸隠神社は霊山・戸隠山の麓に、奥社・中社・宝光社・九頭龍社・火之御子社の五社からなる、創建以来二千年余りに及ぶ歴史を刻む神社です。
その起こりは遠い神世の昔、「天の岩戸」が飛来し、現在の姿になったといわれる戸隠山を中心に発達し、祭神は、「天の岩戸開きの神事」に功績のあった神々をお祀りしています。
平安時代末は修験道の道場として都にまで知られた霊場でした。
神仏混淆のころは戸隠山顕光寺と称し、当時は「戸隠十三谷三千坊」と呼ばれ、比叡山、高野山と共に「三千坊三山」と言われるほどに栄えました。
江戸時代には徳川家康の手厚い保護を受け、一千石の朱印状を賜り、東叡山寛永寺の末寺となり、農業、水の神としての性格が強まってきました。
山中は門前町として整備され、奥社参道に現在もその威厳を伝える杉並木も植えられ、広く信仰を集めました。

明治になって戸隠は神仏分離の対象になり、寺は切り離され、宗僧は還俗して神官となり、戸隠神社と名前を変えて現在に至ります。Photo_2
そして、いくつかある社の中で、虫歯にご利益があるのは、「九頭龍大神」を祀った「九頭竜社」のようです。
この祭神の「由緒・ご神徳」を見ると・・・、 鎮座の年月不明ですが、天手力雄命が奉斎される以前に地主神として奉斎され、心願成就の御神徳高く特別なる信仰を集め、また古来より水の神、雨乞いの神、虫歯の神、縁結の神として尊信されています。
何かこう・・、ひんやりとしたものを感じます。

« 圓朝座 | トップページ | 八十八夜 »

徒然」カテゴリの記事