« 朝の落語番組 | トップページ | 読み稽古 »

2011年5月 1日 (日)

変な夢

やはり生活の中に占める「落語」の影響というのか、いかに大きいかという話。

sleepy今日は、落語を演らせていただくことになっています。
、ひととおり稽古してあるので、何とかなりそう・・。
場(不明)までは1時間強かかりますが、余裕を持ってと、勇んで開演のかなり前に到着し、手拭いと扇子を持って楽屋に入ろうとした瞬間、「sign02」・
・・手拭いと扇子以外は何も持っていないことに気がつきました。
あっsign01物を持って来るのを忘れたぁsign03・・
なぜかには、扇子っ子連の「当富さん」や「ワッフルさん」の姿があります。
自分の出は、かなり深い(トリ?)だから、今から着物を取りに行って間に合うか・・・sign02」・・・、慌てて帰宅して、バッグの中身を確認もしないで会場にトンボ返り。
何とか間に合い、着替えようとバッグを開けてびっくり。
物はありましたが、羽織の紐が入っていない・・・。トホホ。
まぁ、羽織は着なくてもいいかぁ・・」

・・ここで目覚めました。
果たして、この高座が上手く行ったかは・・、分かりません。

恐らく・・・・、
・「千早亭」の発表会に、出囃子CDを持って行くことになっている。
・そこでの私の出は2番目。(開演直後の上がり)
・会場まで、自宅からちょっと時間がかかる。
・以前、羽織の紐を忘れたことがある。
・そろそろ新しい噺の稽古しないと・・と、追いこまれている・
          ・・・・ということが潜在意識にあったのでしょう。
夢にまで出て来るとは・・。

« 朝の落語番組 | トップページ | 読み稽古 »

徒然」カテゴリの記事