« 「9.11」の | トップページ | 黄砂・・ »

2011年5月 5日 (木)

端午の節句

2

「端午の節句」の起原は、古代中国に遡ります。
古来より中国では、物忌みの月(5月)には厄払いの行事が盛んに行われていました。
端午の「端」は文字通 り「はじ/最初」の意味で、「午」は「うま」つまり端午とは、五月の最初の午の日に行われると言う意味です。
最初は必ずしも5月5日ではなかったようで、午と五のゴロが同じことからこの行事は、やがて5が重なる重五の日、つまり5月5日に大切な厄払いの日として定着したようです。Photo_2
日本でも奈良・平安時代には五つの節句(人日・上巳・端午・七夕・重陽)が取り入れられ、当時五節句は貴族の間では、それぞれ季節の節目の身のけがれを祓う大切な行事として、よもぎ・菖蒲などの薬草を摘みに野に出て、その薬草を臣下に配ったり、悪鬼を退治する為に午から弓矢を射たりしたそうです。(流鏑馬の原型)
その中の一つ「端午(たんご)の節句」が後に「子供の日」になったという訳ですね。
落語には、「五月幟」という、酔っ払いのとんでもない父親が出て来る噺があります。

« 「9.11」の | トップページ | 黄砂・・ »

季節・散歩」カテゴリの記事