« 駅弁 | トップページ | 上野清水さま »

2011年4月 8日 (金)

お土産・・・

Photo

旅行や出張で、お土産を買って帰るというのは、正直なところ煩わしいものです。
それでも、先日の大阪出張の帰りに、ある人にどうしてもと思い、駆け足で帰る新大阪駅で、それこそ手当たり次第にして買ったのが「和三盆」という和菓子でした。
大阪ではなく、京都の老舗(と思われる)のお土産でした。
「和」を好む人へ、とは言うものの、随分荒っぽい買い物で、失礼に当たるかもしれませんが、気持ちは汲み取っていただけるでしょう。
まあ、「お前らしい」ということで、お許し願おうという訳です。
「和三盆」なんて、物凄く雰囲気を感じさせる名前ですよ。
主に香川県や徳島県などの四国東部で伝統的に生産されている砂糖の一種で。黒砂糖をまろやかにしたような風味を持ち淡い黄色をしている。
三盆の名は精糖工程のひとつから来たもので、高級砂糖を意味する。中国から輸入されていた砂糖を「唐三盆」と呼び、その後日本でも作られるようになったものを「和三盆」と呼ぶようになった。

きっと、お茶に合うのではと思います。
まことにケチな話ですが、この「和三盆」は精糖の作業が複雑な上、寒冷時にしか作ることが出来ず、白下糖から和三盆を作ると全量の4割程度に目減りし、途中で原料の追加もできないため、砂糖としては最も高価である。
へぇぇ、高いものなんだぁ。
・・・私が買ったのは、紛い物だったかもしれません。

« 駅弁 | トップページ | 上野清水さま »

徒然」カテゴリの記事