« 落語でデート | トップページ | 天下泰平!落語早起き亭 »

2011年4月10日 (日)

メール

Kogiku

今回の地震で、電話は固定も携帯も集中して、繋がりづらくなりましたのでが、メールが大活躍でした。
メールのおかげで救われた命も、あるいは多くあったことでしょう。
私もメールをよく使います。(使い過ぎる?)
基本的に電話というのが好きではありませんから、特に。
手紙が好きです。
書いている間、相手のことだけを思うことが出来、手紙を読んだ相手の反応を想像することが楽しいですから。
メールは、手紙の良さに加えて、伝達スピードが早いので、本当に重宝です。
ところが、早い故のデメリットもあります。
手紙のような優雅さや余裕がないことです。
伝達のスピードが長所であると同時に短所なんですね。
情報だけの伝達ならば、こんなに便利なものはないのですが・・。
メールの送信釦を押した瞬間から、相手の事情など顧みず、返信を待ってしまうんです。
返信がなかったり、遅くなったりすると、心穏やかでなくなる。
ちょっと自分に思い込みがあるメールの場合には、さらにイライラしたり、果ては腹を立てて怒り出したり・・・・。
相手にとっては災難ですよ。
受信してすぐに追信(て言うのかな)するのですが、文面にやや刺々しさが出て来る。
「こんなに思って(心配して)いるのに、なんですぐ返信しないんだよう!」ってなもんです。
さらに待ちに待った返信を受信すると、細かな表現にケチをつける。
それをまたすぐに返信する。さらに刺が多い文章で。
「売り言葉に買い言葉」ってぇことですな。
・・こうやって、随分多くの方々の気分的を害していることでしょう。
伝達のスピードが早いだけに、表現が強く、激しくなってしまう・・。
分かっていながらも、今日も今日とて同じようにしくじりながら、送ったメールの返信を首を長くして待っています。
気をつけているんですが・・ねぇ。本当に・・・。
まぁ、性格も悪いですから。

« 落語でデート | トップページ | 天下泰平!落語早起き亭 »

徒然」カテゴリの記事