« 「佃祭」のネタ本作り | トップページ | 元犬 »

2011年4月24日 (日)

圓歌の演芸図鑑

日曜日の朝起きは大変です。

  ◇ 夜の慣用句    柳家喬太郎

私の喬太郎さんを嫌いな部分がぷんぷんする、十八番の噺。
新作を演る時の喬太郎さんは、現代言葉にこだわっているからか、言葉(遣い)が雑な感じがするのと、現代語の台詞(特に女性)が嫌ですね。
ファンの方々は、これがまたたまらないということでしょうが。

対談で、女優の夏樹陽子さんが出演していましたが、確か「東京かわら版」の"巻頭エセー"に出ていました。
師匠とは、通っている歯医者が同じだという・・、はっ?と思うような関係・・だそうで。

NHKの番組案内から。
語協会最高顧問・三遊亭圓歌が演芸界のよりすぐりの至芸をナビゲートする。
今回は柳家喬太郎の落語「夜の慣用句」と三増紋之助の独楽。
女優夏樹陽子との対談も。

« 「佃祭」のネタ本作り | トップページ | 元犬 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事