« チャリティ落語会 | トップページ | お初徳兵衛浮名桟橋 »

2011年3月30日 (水)

トップとは

こんなに国中が混乱している中、最も重要な当事者である電力会社の社長が"溶融"してしまっているそうです。
いくら未曾有の天災が原因とはいえ、こういう時に陣頭に立って問題解決をしていくためにいるのがトップではありませんか?
こういう非常事態時のために、普段から(は)無駄に贅沢もさせているはずではないのですか。
何もない時は威張って高給を得て、肝心の出番の時には体調不良だなんて・・。
言語道断だと思いますね。
また、本人もさることながら、こんなポンコツをトップにまつりあげた企業のレベルも酷いものです。
以前、「私も寝ていないんだ」とほざいて、社会から退場させられた人がいましたが、それより酷いかもしれません。
それに比べて、自らのミッションを完遂するために、限界のところで命まで賭けている高潔な人たちが多くいることが救いだし、物凄いことだと思います。
そう言えば、もう一人、姿の見えない偉い人がいましたね。

« チャリティ落語会 | トップページ | お初徳兵衛浮名桟橋 »

巷談」カテゴリの記事