« 浜野矩随 | トップページ | 三越落語会 »

2011年3月28日 (月)

故郷復興への思い

地震で大きな被害を受けた福島県の某市の市長が、 東日本大震災の発生以来中断していたメールマガジンの配信を再開。
放射能への不安が市民に広がっていることを伝える一方で、地震と津波で犠牲になった市民や消防団員への「償い」として郷土の再建を約束。
「市民とともにこの街を離れるつもりはない」とつづり、見えない恐怖におびえる市民の不安を払拭するように、復興に向けた決意を示したということです。
一瞬の災害で、今まで平和だった故郷が、物心両面で壊れようとしている・・・。
私も田舎育ちだから、出来ることならも最後の最後まで、生まれ育った故郷に残り、復興の努力をしたいと思う気持ちがよく分かります。
先祖代々長く続けられ受け継がれて来た日々の暮らし・歴史と伝統を、次世代にさらに繋ぎたいことでしょう。
強い気持ちで復興に当たってもらいたいものです。
この某市は、落研の春の合宿でお世話になっていた場所です。
あの美しく平和な港町が・・・、胸が痛みます。 

« 浜野矩随 | トップページ | 三越落語会 »

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌」カテゴリの記事